歯周病治療・マイクロスコープ・レーザー治療なら堀部デンタルクリニックへ

〒465-0073 愛知県名古屋市名東区高針原2−1802
高針原交差点左折すぐ

052-703-2323

診療時間:9:00~13:00/14:30~18:30 ※水曜17:10まで 
休診日:木曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

当院のマタニティー治療

妊娠中の歯科疾患

・妊娠性歯肉炎、歯周病

妊娠により、女性ホルモンが増えることで一部の細菌が増殖し、そこに口腔清掃状態が不良となると、歯肉炎や歯周病を引き起こしやすくなります。このため定期的な清掃や、歯ブラシ指導が必要となります。

 

・妊娠性エプーリス

発生頻度は少ないですが、妊娠3か月頃より歯肉に腫れものができてくることがあります。妊娠後期になるに従い大きくなっていきます。出産後次第に小さくなり、消失することもあるため、経過を見ながら清掃指導をさせていただきます。

妊娠期の歯科治療

・妊婦の歯科治療が行える時期

原則として妊娠中は応急処置以外の歯科治療は行いません。どうしても必要な場合は、妊娠中期(16週~27週)に行います。

・妊娠中のレントゲン撮影は、防護エプロンを着用し、X線が腹部に当たらないように撮影を行いますので、まず心配はありません。ただ心配になる気持ちもわかりますので、説明の上納得いただけた場合のみ、撮影させていただきます。

・安定期に歯科治療が必要になった時に、麻酔をかけることがありますが、母体、胎児ともに問題のない麻酔薬を使用しますので安心してください。

・抜歯などの外科処置は原則妊娠中は行いません。炎症がひどく投薬をしても炎症を繰り返す場合は、止むを得ず妊娠中期に検討することもあります。

妊娠を望まれている患者様で、特に親知らずに時折症状を抱えられている方は、妊娠前に抜歯されることをお勧めします。

・妊娠中の処方

鎮痛薬や抗生物質で胎児に安全な薬はありません。できるなら使わないでほしいというのが本音ですが、激しい痛みを伴う場合は、我慢することでかえって胎児に悪影響を及ぼすこともあります。このため、当院では治療上の有益性が、危険性を上回ると判断された場合のみ、比較的安全な薬を短期間処方させていただきます。

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

○:9:00~13:00/14:30~18:30
(最終受付時間17:50)

△:水曜17:10まで(最終受付時間16:30)
休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日週の木曜診療あり

アクセス

052-703-2323

〒465-0073  愛知県名古屋市名東区高針原2−1802